INTERVIEW

ファイナリストインタビュー Vol.1 2014年度 大賞受賞 杉本知春

過去の受賞者達に当時のことを振り返りつつ、これからチャレンジしようとする学生達にアドバイスをもらうファイナリストインタビューの第一回目。大阪文化服装学院に在籍中の2014年に、大賞を受賞した杉本知春(すぎもとちはる)さんからスタート!

―ファッションの学校に進んだ理由は?

高校ではグラフィックデザインを勉強していて、友人は美大に行くひとが多かったんですが、将来の仕事とかを意識した結果、大阪文化服装学院に入学することを選択しました。 実は、一年生のころは服作りをなめていました。縫えていればいいんだろって。それでボロクソ怒られてしんどかったけど、頑張りました。3年生になり、マイブランドを創ることが課題になったときは、自由にできて楽しかったですね。


1次審査を通過したデザイン画は、遠くからでも目に付くインパクトの強さと、それに伴う、どこか謎めいた作品コメントが決め手。作品コメント「日本のクリエイティブピープル東京民兵に提案するコンセプトは“カイジュウ”。リアルクローズと超ビッグシルエットな怪獣らしいアイテムのドッキング。ウェアのギミックに日本に潜むカイジュウが東京民兵にまとわりつく


実物作品は見れば見るほど複雑な仕上がりで、しかも縫製が素晴らしくきれいだったことも印象的だった。最終審査会の資料となる写真撮影も、正面だけでなく、バックやサイドから撮影して。

―杉本さんにとって、ファッションとは? デザインとは?

僕にとってファションは、自分の思いを社会に伝える媒体だと思っています。今、僕が伝えたいのはパンク。反骨精神みたいなものですね。グランプリをとった作品も「生地こねくりまくり合戦」みたいなコンテストの流れに、一石を投じたいという考えが反映されています。審査員の方々もそのへんを評価してくれたんじゃないかなと思います。

自分にとってデザインとは「相手を思いやること」そして「昨日より明日が、過ごし易くなること」これは高校時代にデザインを勉強する中で、時代を読み解きながら、消費者の気持ちに思いを馳せデザインすることを学んだことが生きていると思います。バランスですね。後輩のみなさんには、このバランスと、最初に服をやろうとしたときの気持ち、初期衝動を忘れないで欲しいです。

最終審査会での様子。モデルとおそろいの「カイジュウ」ロゴ入りTシャツを来てプレゼンテーション。見えないけれど、足元はビーチサンダルを履いていた。

渋谷ヒカリエのホールA にて行われた結果発表ショーの授賞式の様子。

―学生時代の印象的な思い出を教えてください。

私が所属するスーパーデザイナー学科は、3年生になると全員ポリモーダ(フィレンツェ)に短期留学をするのですが、ヨハネス先生との出会いは忘れられません。先生とはマンツーマンでデザインの発想などについてディスカッションしたりするんですが、学生の弱点を見抜き、そこに切り込んでくるんです。ああいうディスカッションは勉強になりますね。コンテストにトライしたことも、いい思い出ですね。あちこちのコンテストでファイナルに残った他校の人たちとは、互いに刺激を与えまくりでしたし、今でも交流があります。みなさんも、果敢にコンテストに挑戦するといいと思います。


受賞式後のモデルとのツーショット。この日も足元はビーチサンダルであった!

―将来の夢は?

夢ですか、デザイナーとして就職する夢はかないました。その先の夢もありますが、それは言いません。不言実行ですから!

ヨハネス先生とのマンツーマンのディスカッションは良い経験で大切な思い出。

阪急うめだ本店での期間限定ショップで、自作を販売。

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ