INTERVIEW

ファイナリストインタビュー Vol.5 2016年度 秀作賞 太田美咲

2016年度受賞者に同じ質問を投げかけたファイナリストインタビュー。彼らの言葉そのままに、受賞の声をお伝えします。三人目は優秀賞を受賞した、名古屋モード学園の太田美咲さんです。

渋谷ヒカリエのホールAにて行われた結果発表ショー

―Q1. 改めて、受賞した気持ちをお聞かせください。

嬉しいです!

―Q2. 作品制作で工夫したところ、大変だったことなど教えて下さい。

生地の色合い調節に苦労しました。

―Q3. ファッションの学校に進んだ理由を教えて下さい。

ウエディングドレスのデザイナーになりたくて進学しました。

―Q4. あなたにとって、ファッションとは? デザインとは何ですか?

毎日考えるもの。

―Q5. 将来の夢を聞かせてください。

自分のブランドを持つことです。

―Q6. また再び、このアワードにチャレンジしますか?

またチャレンジしたいです!

―Q7. 何か伝えたいことがありましたら、書いてください。

とても素晴らしい経験ができました!! ありがとうございます。

テーマは「Neo Neon Africa」。「アフリカの民族衣装をモチーフとしアフリカ独特の極彩色をネオンに変換して、モダンアートのような雰囲気を醸し出すスポーティなウェアをデザインしました。アクティブで力強い女性を表現しています」

ハンガーイラスト。フィッターやショースタイリストなど、初めて服を見た人にも服の詳細が伝わるように描く線画。

最終審査会のバックヤード。モデル、フィッターともに、ほぼ同じ年齢のスタッフと最後のミーティングに熱が入る。右から二番目が太田さん。

審査会ではバックスタイルに配置されたプリントの原画を持って、審査員に解説。

一次審査通過者は最終審査会に向けての意気込みを、インスタグラムで伝えた

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ