INTERVIEW

2018 WORKMANSHIP PRIZE | Daisuke Oguchi

秀作賞受賞者へ、作品制作やファッションへの思いをインタビュー。
2人目は、テキスタイルやパターンで”瞬間”を表現した小口さん。

秀作賞|小口 大輔

―秀作賞受賞おめでとうございます!受賞した気持ちを聞かせてください。

クオリティの高い作品の中で受賞する事が出来て嬉しいです。

―今回の作品のコンセプトを教えてください。

テーマは、「ー瞬間的衣服ー」。
ブレイクダンサーの衣装を縫製した時の経験や感じた事をインスピレーションに制作しました。運動量の限界に達した衣服のドレープ感や、生で見るブレイクダンスの迫力や臨場感などを一枚の写真やスローモーション映像のような瞬間的に起きている一コマをイメージし、製作しました。

―制作で大変だったこと、工夫したことなどを教えてください。

パターンメイクには苦労しました。コンセプトにもある臨場感や迫力を出しながら実用的な運動量も出していきたいと思い、シャーリングした直線的なパターンに曲線的な立体パターンを縫い付けることで跳ねるようなうねりと、縦横方向に運動量を作りデザインと機能を両立できるように考えました。


制作途中

うねりのあるテキスタイル表現

― 今年は他のコンテストにも選ばれましたが、コンテストに挑戦する意義を教えてください。

コンテストに挑戦するのは作品が完成してからそのあとまでのプロセスが好きなのと何より勉強になるからです。色々な意見や知識を得たり、様々な人と出会いながら一つの作品が完成していく過程で今まで自分にはなかったものが得られたり、知れたりするからです。

―ファッションを学んでいる理由を教えてください。

小さい頃からものづくりが好きで、美術大学なども考えましたが生活により密接なモノづくりをしたかったのでファッションを選びました。

―好きなデザイナーとその理由を教えてください。

ALEXIS MABILLEです。服も好きですが、昔インタビューを見た時、全体にスパンコールを鱗状にあしらったドレスに対して、「着る人見る人に努力を感じさせてはいけない」という言葉にすごく心を打たれました。

―10年後のファッションに対するあなたのビジョンを教えてください。

よく言われていることですがテクノロジーとアナログのバランスが左右されると思います。
ファッションデザイナーがリアルな世界で人間に対してデザインをしているのか、画面の中でデザインをしているのか、VRでの新しいファッション (タイトスーツをゴーグルを通して様々な服になる)など、考えればきりがないほど、すごい可能性を感じます。ですが自分としては人の手で作られていく物の素晴らしさをこれから先も大切にしていき、時代とのバランスをとりながら自分のスタンスを維持していきたいと思います。

―今後の目標を教えてください。

将来的に自分のブランドをやることです。

―今後このコンテストを目指す人へのメッセージをお願いします。

賞などの結果にとらわれずにそこに至るまでに色々なものを経験できたり得たりすることができるのでぜひ挑戦してもらいたいと思います。

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ