INTERVIEW

2018 WORKMANSHIP PRIZE | Wakana Hayashi

秀作賞受賞者へ、作品制作やファッションへの思いをインタビュー。
4人目は、スラッシュキルトとホースヘアによる素材で立体感のあるシルエットを作った林さん。

秀作賞|林 わかな

―秀作賞受賞おめでとうございます!受賞した気持ちを聞かせてください。

この度は、秀作賞をいただき大変嬉しく思います。私の制作した服がこのような形で評価され、嬉しい気持ちと、もっと作り込めたのではないかという反省の気持ち、どちらの感情も出てきました。

―今回の作品のコンセプトについて教えてください。

今回の作品のコンセプトは、宇宙の始まりである「ビックバン理論」。これは多くのエネルギーを使用したことにより新しい世界が生まれたと仮定したものです。私はこの考えに同意し、様々なレースを大量に重ねることで新しい色と雰囲気を作りたいと思い、制作しました。テーマ「Begins」のように、なにもないところから始まるという意味も込めています。

―制作で大変だったこと、工夫したところなど教えてください。

制作で大変だったのは、うねうねしたパーツを一つ一つパターンにし、うねり方を全て違うようにして服に複雑な雰囲気を作ったことです。また、全て自らがスラッシュキルトにしたので、ステッチを打つこと、スラッシュキルトにした後、うねりを出すためにホースヘアを叩きつける作業がとても大変でした。


スラッシュキルトの素材制作過程


ハリのあるホースヘアで立体的なシルエットに

―ファッションを学んでいる理由を教えてください。

私がファッションを学んでいる理由は、単純に服が好きなことプラス物作りの世界で生きていきたいと思ったからです。学生時代の時に友達へ初めて作ったブローチをプレゼントした時に喜んでくれた笑顔が忘れられず、私が作ったもので人を幸せにできることが、私自身にとって、とても喜びだと感じたからです。なので、私は物作りの世界で生きていきたい、洋服について学びたいと思い、今も何か面白いものを考えたいと思っています。

―好きなデザイナーとその理由を教えてください。

好きなデザイナーは、山本寛斎さんです。山本寛斎さんを知ったきっかけは図書館でたまたま見つけた「熱き心」という本です。高校生の私には刺激が強すぎる生き方に憧れました。作品も山本さんのパワフルが色やディテールで出ていてとても好きです。

―10年後のファッションに対するあなたのビジョンを教えてください。

10年後、ファッションは大量生産ということから離れ、着る人にあう一点ものが出てきたり、着る人はもっと着る服にこだわる文化にしたいです。

―今後の目標を教えてください。

今後は自分の表現力を高めるために、パターンもデザインも、もっと勉強して、日本のファッションをもっと盛り上げられるデザイナーになりたいです。

―今後このコンテストを目指す人へのメッセージをお願いします。

今ある課題を一つ一つこなしていくだけでなく、プラスで自分の感性を磨いていってください。

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ