INTERVIEW

2019 WORKMANSHIP PRIZE | Takuya Yamada

秀作賞を受賞した山田 琢也さんに、作品制作の背景をインタビュー。

秀作賞|山田 琢也「MARIONNETTE」

―受賞した気持ちを教えてください。

一番の目標だったこちらのコンテストに参加させていただき、さらに秀作賞をいただけてとてもうれしいです。

―作品のコンセプトについて詳しく教えてください。

MARIONNETTE
人は日々、時間、仕事、人間関係、様々な事に縛られ、操られているかの様に生きている。 そんな日々に打ち勝つための衣服。 縛られ抵抗している様をフリンジ、刺繍をジャケット、パンツ、マントで表現しました。 大人になっていくにつれて本当の自分を隠してマリオネットの様に誰かに操られるように生きてる人がいると感じ、人間関係や仕事に、苦しくても生きてる人をコンセプトに考えました。

―制作で大変だったこと、工夫したことを教えてください。

フリンジ、刺繍、生地加工にすごく時間を使いました。フリンジは毛かきで生地をかき作り、全体的にフリンジ+ダメージを作りました。刺繍は生地を2種類重ね使用し、刺繍を止め糸を出し操られている糸を表現しました。

―ファッションを学んでいる理由を教えてください。

最初はスケートボードをやっていてスケーターファッションから服が好きになり、そこからアメカジ、モード、ストリートなどの色々な服を知り、服を学びたくなり学び始めました。あと母の影響です。

―あなたのクリエイションに欠かせないものを教えてください。

まずはファッションが好きな気持ちと、それをカタチにする事ができる環境と同じ気持ちをもった友人がいる事です。

―好きなデザイナーとその理由を教えてください。

プロスケーターでデザイナーをやってるマーク・ゴンザレスと、デザイナーのリック・オウエンスです。 マーク・ゴンザレスは自分が服を好きになった理由の1人、リック・オウエンスは彼の服への完璧さと完成の見極め、服への執着心がすごく好きです。

―10年後のファッションに対するあなたのビジョンを教えてください。

まだファッションの学生でしかないので何も分かりませんが、学校で関わってきた仲間達、出会ってきた人達、これから出会う人達とファッションだけではなく色々な事に楽しんで挑戦したいです。

―今後の目標を教えてください。

グローバルに活躍できるデザイナーになりたいです。今後も仲間達とファッションの垣根を超えて、デザインの力で色々な事に挑戦していきたいです。

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ