INTERVIEW

2019 WORKMANSHIP PRIZE | Rioma Umehara

秀作賞を受賞した梅原 理央磨さんに、作品制作の背景をインタビュー。

秀作賞|梅原 理央磨「Expressionism」

―受賞した気持ちを教えてください。

嬉しいです。手伝ってくれた友人達に感謝です。

―作品のコンセプトについて詳しく教えてください。

エゴン・シーレ(Egon Schiele)のデッサン、人物画が好きなのでその画の雰囲気を普通の服に落とし込みました。 肌色のオーガンジーを使った理由は、モデルの肌をある程度透けさせ、エゴン・シーレのエロティシズムを表現したかったからです。独特な線のタッチは生地に直接ステッチで叩きつけた毛糸で表現しました。

―制作で大変だったこと、工夫したことを教えてください。

名古屋のコンテストと期間が重なっていたので、途中までどういう風にエゴン・シーレの画の雰囲気を表現しようか考えていました。オーガンジーを使って服を作るのは初めてだったので縫うコツを掴むのが大変でした。毛糸をオーガンジーにステッチで叩きつけると毛糸のテンションで生地が縮んでしまいクシャッとシワがよるのですがそれはそれでいい感じに服の雰囲気と合ってくれたのでラッキーでした。デザイン画はラフに描いた服の上にプリントしたオーガンジー素材を直接ミシンで紙に叩きつけて、デザインを表現しました。

―ファッションを学んでいる理由を教えてください。

デザイナーになる為です。
最初は「大学受験したくないな...服好きだし絵描くのも好きやし、てか普通にサラリーマンみたいな感じで生きたくないな...」みたいな浅はかな理由で専門学校に入りました。でも今は純粋に自分でデザインした服を作るのが楽しいです。作った服を"欲しい" "着たい" "カッコいい" と言われた時にぼんやりしていた目標が「デザイナーになる。」っていう目標に明確になりました。

―あなたのクリエイションに欠かせないものを教えてください。

今回はコンテストだったのでいつもより衣装感を少し強めデザインにしましたが、いつもデザインする時は"Simplicity"と"Utility" この2つの要素を大事にしています。

―好きなデザイナーとその理由を教えてください。

申し訳ないですが特にいないです。興味がないとかではないのですが、この質問を考えた時に好きなブランドは思い浮かぶんですが、パッと思い浮かぶデザイナーさんがいなかったので。

―10年後のファッションに対するあなたのビジョンを教えてください。

10年後のファッションがどうなっているかは分からないですが、そのときの時代性、雰囲気、流行りに上手に順応することが大事だと思っています。そうして時代性、雰囲気、流行りを反映させつつ、自分の好きな服を作れればいいなと思っています。

―今後の目標を教えてください。

自分のブランドを立ち上げる。

TOKYO 新人デザイナーファッション大賞 アマチュア部門

TOKYO新人デザイナーファッション大賞に
関する概要と応募要項はこちら

INSTAGRAM

トップへ